相続ニュースとは、いざという時に困らないようにすための相続に関する知識をお届けするニュースサイトです。

相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」開発・提供のFP-MYS、北洋銀行からの出資のお知らせ

前のページへ戻る

北海道最大手の金融機関を株主に加え、レタプラの更なる発展へ。

相続・贈与プラットフォーム レタプラを開発・運営する株式会社FP-MYS(本社 東京都港区:代表取締役 工藤 崇)は2019年3月29日、 北洋銀行が出資する「北洋SDGs推進ファンド」を引受とした第三者割当株を発行し、 新たな株主として参画いただいたことをお伝えいたします。

相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」は、 税理士や司法書士などの士業専門家のほか、 生命保険会社や不動産会社を対象としております。 そのなかでも「金融機関」は相続ニーズを受ける代表的な企業であり、 士業と連携して「争族」を無くすためのエコシステムを構築しております。
 

そのなかでも特に地方を地盤とした金融機関は今後、 超高齢化社会を迎えるなかで中心となる役割を持ちます。 このたび、 FP-MYS代表である工藤の出身地でもある北海道を代表する金融機関で、 北海道内に169店舗を有する北洋銀の出資する「SDGs推進ファンド」に、 株主として参画していただくことになりました。
 

SGDsのなかには「認知症への対策」が含まれます。 当社はレタプラの提供を通し、 認知症になると制限がかかる老後の資産見直し、 資産ポートフォリオの再考、 相続対策を以って「早い段階から相続のことを考え、 争族を無くす」ことを目的に今後、 更なる事業展開を進めて参ります。

また3月26日より、 レタプラBizに「LINE共有機能」を追加実装いたしました。 これは被相続人の現在資産を家族で共有することにより、 家族で相続の話し合いを始めていただく「きっかけ」にする機能です。 セキュアの維持のため、

1. 被相続人に発行するパスワード。 被相続人が把握。
2. 専門家に発行するセキュリティトークン。 専門家が把握。
3. 相続人に発行するパスワード。 「専門家」が把握。

以上3つのパスワードを入力して共有できる、 同意機能を実装しております。