相続ニュースとは、いざという時に困らないようにすための相続に関する知識をお届けするニュースサイトです。

【NPO法人東京キャットガーディアン】 愛情があっても、飼い続けられない場合に備えて。猫の保護団体の取り組み「ねこのゆめ〜成猫のお引取と再譲渡事業〜」

前のページへ戻る

NPO法人東京キャットガーディアンは、愛情と責任感ある飼い主さんの「ギリギリまで一緒に居たい」と 「この子の行く先を考えておく」を両立させる1つの方法として『ねこのゆめ』積み立て企画を提案します。

NPO法人東京キャットガーディアンは「ねこのゆめ~成猫のお引取と再譲渡事業~」を行なっています。
病気や高齢で猫を飼い続けられなくなった飼育者のために、 猫を有償でお引き取りし、 シェルターで新たな里親探しを行うシステムです。 新たな飼い主が見つからない場合は東京キャットガーディアンが終生飼養をお約束します。

毎月3,800円の積立で、 6年で満期となります。 急遽必要な場合にはご一括でのお支払いも受け付けています。
途中解約や満期後の解約も可能です。 お預り金は、 お引き受けした後に猫の飼育費として使われます。

一般的な老猫ホームは入会金が数百万と高額ですが、 「ねこのゆめ」は『再譲渡』も視野に入れているので、 コストを抑えることができています。

愛情があっても、  飼い続けられない場合に備えて。  猫の保護団体の取り組み「ねこのゆめ~成猫のお引取と再譲渡事業~」

愛情があっても、 飼い続けられない場合に備えて。 猫の保護団体の取り組み「ねこのゆめ~成猫のお引取と再譲渡事業~」

飼い主の急病・事故・急逝…。

“高齢者のペット問題”に代表される「やむを得ない事情」が現実に急増して来ています。

NPO法人東京キャットガーディアンは、 愛情と責任感ある飼い主さんの「ギリギリまで一緒に居たい」と 「この子の行く先を考えておく」を両立させる1つの方法として2009年より取り組みを行なっています。

「ねこのゆめ~成猫のお引取と再譲渡事業~」とは、 一定の費用を預けて頂く事により、 猫をいつでも団体でお引き受けし、 新しい里親探しをする事業です。

毎月3,800円の積立で、 6年で満期となります。 急遽必要な場合にはご一括での支払いも可能です。

1頭あたり273,600円(税別)の満額を団体に預けて頂く事により、 効力が発揮されます。
お預り金ですので、 途中解約や満期後の解約も出来ます。
お預り金は、 お引き受けした後に猫の飼育費として使われます。

猫の年齢や健康状態にかかわりなく、 満期後はいつでも必要な時に利用できます。
譲渡対象になれそうなら新しい飼い主探しを、 そうでない場合はケアをしながらシェルターで終生飼育をお約束します。
 

シェルターで過ごす猫の様子

シェルターで過ごす猫の様子

シェルターで過ごす猫の様子

シェルターで過ごす猫の様子

 

満期になった方へ「ねこのゆめカード」をお送りしています。
常に持ち歩いていただくことで、 急遽必要となった場合にも猫の行き先があることを表明できます。

満期になった方には「ねこのゆめカード」をお送りしています。

満期になった方には「ねこのゆめカード」をお送りしています。

一般の老猫ホームは入会に数百万が必要ですが、 このシステムは『再譲渡』も視野に入れているので、 コストを抑えることができています。

「ねこのゆめ」が必要になった事例は高齢者から若い方まで様々です。

「両親の飼っていた猫の里親を探している」

「事故にあって、 世話ができなくなってしまった」

「捨て猫を地域猫として面倒を見ていたけど、 新しい家を見つけてあげたい」

「急逝した家族の飼い猫を大切にしたいが、 自分は出張が多く猫を見てやることができない」

「今20代ですが、 万が一に備えて申し込んでおきたい」

ケアマネージャーさんや、 弁護士の方から「担当する高齢者の方が、 飼育が困難になってしまいお願いしたい」と連絡が来ることもあります。
「ねこのゆめ」を利用される方の中には「まさか自分がこんな事態になるとは」「もっと早く『ねこのゆめ』を知っていたら」という方も少なくありません。 もしもの時に備えて、 お若い方にもお申し込みいただくことをおすすめしています。

このシステムを利用することで、 猫を飼えない状況になってしまった場合もギリギリまで愛猫と一緒に居ることができます。

資料請求・申し込みはホームページから受け付けています。
https://tokyocatguardian.org/nekonoyume/

シェルターで過ごす猫の様子

シェルターで過ごす猫の様子

【 NPO法人東京キャットガーディアン】
NPO法人東京キャットガーディアンは、 行き場のない猫たちを減らしていくために、 日本初の「保護猫カフェ」の運営を通じて、 行政から猫を引取り、 飼育希望の方に譲渡する活動と地域猫活動をおこなっています。
2019年3月 総譲渡数6,800頭以上・不妊去勢手術数9,100頭以上を達成しました。
避妊去勢手術専門の「そとねこ病院」の運営、 日本初の試みである「猫付きマンション・シェアハウス」、 ペットウェルカム物件を取り扱う「しっぽ不動産」、 お買い物でレスキューができる「ShippoTV通販部」など、 「足りないのは愛情ではなくシステム」と考え、 それぞれの問題にあった新しい取り組みを作っています。

■ 東京キャットガーディアン公式ホームページ
https://tokyocatguardian.org/

■保護猫カフェ・大塚シェルター
住所:東京都豊島区南大塚3-50-1 ウィンドビル5F
オープン時間:
平日14:00~19:00
土日祝日13:00~19:00