相続ニュースとは、いざという時に困らないようにすための相続に関する知識をお届けするニュースサイトです。

「不動産相続の相談窓口」ネットワーク全国一斉相続勉強会の参加者数が昨年9月開催時の2倍以上に

前のページへ戻る

inheritance

相続について話し合う環境を一般的なものへと啓蒙ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:品川区上大崎 代表:濱村聖一 以下、 ハイアス)は、 全国約170エリアの住宅会社・不動産会社と展開中の「不動産相続の相談窓口」事業で、 1月に「全国一斉相続勉強会」を開催しました。 1ヶ月の間に全国各地で開催された相続勉強会は113回、 勉強会に参加された皆様は全会場延べで約640名となりました(ハイアス調べ)。 この参加者数は昨年9月に初開催した際の2倍以上となりました。 (相続勉強会は77回開催)

今回開催した「全国一斉相続勉強会」において参加者数が2倍以上に増加したのは、 勉強会の開催数自体が増えていることに加え、 不動産相続の相談窓口ネットワークが拡大して認知が広まっていること、 多くのメディアでも空き家問題をはじめ相続関連の話題が取り上げられ全国的に関心が高まっていることが要因と考えられます。

「不動産相続の相談窓口」は、 2016年10月に加盟企業の募集を開始し、 2017年4月には、 募集開始当初の3年間で全国100エリアという計画を大きく上回るペースで、 全国100エリア体制を達成。 2018年2月現在で約170エリアとなっています。 同事業に加盟した企業は、 ハイアスによる立ち上げ研修、 不動産コンサルティング研修、 事例共有研修の受講などを経て、 全国各地で看板を掲げ、 地域の地主、 不動産オーナーだけでなく実家や空き家相続にお困りの、 一般の方も対象とした不動産相続勉強会を開催し、 相談対応を行っています。

「全国一斉相続勉強会」は、 一人でも多くの方に相続について考えていただきたいという思いのもと開催しています。 相続は資産家だけが対象だと思われがちですが、 実家1軒で揉め「争族」となる事例が多くあります。 日本各地で起こる相続争いを未然に防ぎ、 幸せな相続を実現するには、 全国各地に相談できる身近な窓口があり、 一般の方を含めた皆さんが相続についての知識を持ち、 少しでも早く対策を始めることが大切です。 少人数制の勉強会では、 「相続の問題は家族で解決できるのが理想」という考えのもと、 相続の基礎や資産の分け方を考えるうえでの注意事項、 不動産の評価の考え方などを、 トラブル事例や解決事例を交えながらお伝えしています。 また、 勉強会の後には個別の相談にも応じています。

勉強会の参加者からは「説明が細かくわかりやすかった」、 「具体的な内容も取り入れていて新聞等の説明もわかりやすかった」といった感想が多く寄せられました。

ハイアスでは、 正月、 ゴールデンウィーク、 お盆など家族の集まるときには相続について考えるという習慣を広めるべく、 時期にあった啓蒙活動として1月、 5月、 9月の「全国一斉相続勉強会」開催を今後も予定しており、 さらなるネットワークの認知拡大をはかってまいります。

■「不動産相続の相談窓口」
不動産の相続に関する知識と、 顧客の相談に応じることのできるコンサルティングスキル、 多様なソリューションと提案力をもって、 地域の地主や富裕顧客からの自宅や遊休地、 収益資産などの不動産資産のほか、 一般の方からの実家や空き家相続に関する相談などに対応する窓口。 地域の情報に強い各地の住宅・不動産会社が加盟し、 全国ネットワークで展開している。