2017年4月末の会員数が1,300社を突破 前年、前々年を上回る伸長率

前のページへ戻る

2017年4月末の会員数が1,300社を突破

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:濱村聖一 以下、ハイアス)では、2017年4月末の会員数が1,300社を突破しました。

ハイアスは、2016年9月に、高性能デザイナーズセレクト住宅「アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット(ADM)」事業の一般募集を開始し、2016年10月には、今後ますます活性化する相続市場向けの商材として、「不動産相続の相談窓口」の提供を開始しました。これら新たな商材の効果もあり、2017年4月期には、前年、前々年を上回る会員数の伸長率を記録しました。また、それに合わせて、会員が導入する延べ商材数である総商材導入数も順調に増加しております。

ハイアスは、地域の中小企業(建設業者、工務店、不動産仲介業者など)を会員組織としてネットワーク化を行っております。日本全国に拡がるこのネットワークを活用し、会員のニーズを汲み上げながら、併せて業界を取り巻く環境の先を読むことで、その解決策を企画、開発、パッケージ化しております。

そして、これらの会員に対して彼らが置かれている状況に応じ、業態転換の必要性をもつ企業には「ビジネスモデルパッケージ」を、経営(事業)におけるプロセスや機能の効率化が必要な企業には「経営効率化パッケージ」を用いたソリューションを提供するサービスを幅広く展開しております。会員ネットワークは、情報収集元でもあり、サービス提供先でもあり、ハイアスの強みの源泉となっております。

編集部 担当デスク A