税理士の先生に節税を相談する前に準備しておくこと

前のページへ戻る

税理士に相談する

税理士に相談する前に

経営者にとって節税は耳が大きくなるキーワードです。支払う税金を低く抑えたい。どの経営者でも考えることでしょう。

しかし、節税するには、ある程度の税務知識が必要です。あまり良く分からないのに、ネットの誤った情報をもとに節税対策を講じてしまい、後でペナルティーを科されると言った、笑えない話になる前に、税理士の先生に相談しましょう。

税理士は、ご存じのとおり税金についての専門家です。税金のことならなんでも知っている。。。と言いたいのですが、現実には、勉強不足であったり、経験不足であったりと、いろいろな税理士がいるので、必ずしも最適な税務アドバイスを受けられるわけではないことを理解しておきましょう。医者もそうですが、当たり外れがあるようです。

正しい情報を提供する

いずれにしても、素人には手が出しにくい節税の世界。やらないよりはましだと、顧問税理士に相談することに。その時、税理士にとって必要な情報があります。それは正しい情報です。

正しい情報とは、会計や税務の世界で言うと、数字を裏付ける情報とでも言いましょうか、領収書であったり請求書のことであったりします。これらの正しい情報を税理士に提供することで、正しいアドバイスを受けることができると考えましょう。

書類の取り扱いについて

ここでは、契約書や決算書など、正しい情報の取り扱いについて解説してみます。

領収書は、袋に入れて管理します。月ごとに分かることがポイントで、1年であれば12の袋に分けて管理すると分かりやすいですね。

契約書関係の書類は、スキャンしてPDFファイルなどで保管することが法律的に認められています。ペーパレス化につながるので大企業をはじめ、多くの企業が取り組みを始めました。しかし、この取り組みは上手くいかず、どのオフィスに行っても紙が机の上に散乱しているありさまです。

契約書などの経理関係の書類をペーパレスで管理したいという企業のニーズにこたえたのが平成28年からでした。それまでは、いろいろな規制があり、例えば「PDFデータには電子署名が必要」などのルールがあり、電子署名を付与する手間とコストが嫌われていました。それが、電子署名がタイムスタンプでいいことになりました。

カラーで保管しなければいけなかったところも、黒白で許されるようになりました。

このようにペーパレス化が推進されたことを知らない企業もあります。ぜひ、頭に入れておきましょう。ちなみに、スキャナーだけではなく、スマホで撮影したデータでも保管が認められるようになりました。

編集部 担当デスク B