相続ニュースとは、いざという時に困らないようにすための相続に関する知識をお届けするニュースサイトです。

自分にとっていい税理士の見つけ方

前のページへ戻る

税理士を天秤にかける

長くつきあう税理士

いい税理士を見つけるという事は、いい奥さんを見つけることと同じかもしれません。なぜなら、一度お付き合いを始めた税理士とは、よっぽどの理由が無い限り、一生のお付き合いになるかもしれないからです。

もちろん、結婚と同様に、お別れすることもあります。他にいい税理士が見つかれば、そちらに乗り換えてもいいのです。

しかし、自由に税理士を替えられるからといって、毎年のように替えていては、自分の会社に詳しい税理士が育たず、逆にマイナス効果しかでてきません。長いお付き合いをすることで、自分の会社について深い知識を持ってもらい、適切なアドバイスを受けられるのです。つまり、長くお付き合いできる税理士を早い段階で見つけることができれば、それは経営者にとって幸せな事なのです。

会社を創業するとき、もしくはビジネスが本格的に動き出したので税理士を探そう、と考えている人。決して焦って税理士を探さないでください。そして、値段で決めないでください。

インターネットで「創業 税理士」や「税理士 安い」と検索したらわかる通り、顧問料の安さを売りにする税理士事務所がたくさんあります。試しに検索してみてください。

安い顧問料の税理士

安い顧問料を売りにする税理士事務所の特徴を解説します。

顧問料を安くする税理士事務所の多くは、記帳代行といって、領収書を送れば伝票入力を代行してくれるサービスを中心にしています。顧問料をよ~く見てみると、決算料や税務調査の時の立ち合いは別料金になっていることもあります。

つまり、顧問料を安くするということは、通常よりもサービス内容が薄く、必要最低限のことしか含まれていないのです。間違っても、税理士の先生が毎月なり3ヶ月に1回なりオフィスを訪問してアドバイスしてくれるサービスは期待できません。

税理士を紹介してもらう

税理士の先生を探す時は、まず、知り合いの経営者などに紹介してもらえる先生がいるか聞いてみましょう。その時大切なのは、ただ紹介して欲しいと言ってしまっては、悪い先生でも紹介されてしまいます。聞き方が大切です。

飲みの席などでさり気なく「顧問税理士はどんな人?」と聞いてみるのです。おそらく本音で答えてくれるでしょう。もし満足していなければ不満がきかれるでしょうし、満足していれば絶賛するでしょう。

そこで、税理士の知識や人柄などをチェックして、いいなと思ったら紹介してもらうのです。紹介の顧問先は、税理士の先生にとっても雑に扱うわけにいかず、丁寧に扱ってもらえるというわけです。