投資物件を購入しながら節税する方法

前のページへ戻る

不動産で節税

投資物件購入による家賃収入

「サラリーマン大家」という言葉が最近浸透しています。サラリーマンをしながらマンション、アパートなどの投資物件を購入し、家賃収入を得るといった方法です。

サラリーマンの収入のほかに家賃収入もプラスされる為、サラリーマンとしての給料が横ばい気味になっている昨今、収入をお手軽に増やす方法としては、非常に良い手段です。しかし、大家業は、何も収入を増やすだけに限りません。立派な節税対策にもなります。

例えば、1000万円の中古マンションを購入したとします。家賃は月々7万円、減価償却は年間で100万円、固定資産税3万円、管理費年間12万円と仮定したとします。年間家賃84万円-減価償却100万円-固定資産税3万円-管理年間12万円=31万円の赤字となります。

31万円分の赤字を確定申告により、計上することで、サラリーマンとして支払った所得税が還付されます。勿論、これはきちんと確定申告しなくては還付されません。国は、支払っていない税金に対しては、払うように求めてきますが、支払い過ぎた税金は、こちらから申告をしないと戻ってきません。

ローン金利も経費になる

また、賃貸住宅を取得するに当たってローンを組んだ際、ローンの金利も大家業を行う上で、経費として計上することが可能です。

ちなみにローンを組む際は、自営業という立場よりもサラリーマンのほうが審査は通りやすい。このサラリーマンとしての立場を利用して、ローンを利用するという手段も活用するべきです。

節税方法は教えてもらえない

このように税金を節約する方法はこの世の中に沢山溢れています。こういったことを何故、学校で教えないのか・・・? いつも私は疑問に思っています。国としては税金を沢山支払ってほしいからでしょうけど。

「日本は人口が減るから大家業はこれから廃れていくよ」という意見もありますが、私は人が存在し続ける限り、大家業は無くならないでしょうし、万が一、大家業として行き詰った場合は、物件を民泊として活用すればいいのでは?と考えています。

サラリーマンの大家業がもっと活発化すれば、日本の景気も少しは良くなるのではないかと考えています。

ちなみに、民泊は話題になりますが、始めるとなるとこれがかなり骨の折れる仕事です。特に海外からの旅行者を受け入れることになると、文化の違いや言葉の違いなどでいろいろな問題が起きそうです。民泊は魅力的ですが、もう少し勉強が必要だと感じています。

編集部 担当デスク B