このサイトについて

前のページへ戻る

相続といっても普通の人は関係ないという人が多いかもしれません。でも、その時になってみるといろんな問題が出てくるかもしれません。

このサイトでは、いざという時に困らないように、相続に関する情報を皆さんにお知らせしていくことを目指していきます。

相続とはどういうことでしょうか

まず、相続とはどういうことでしょうか。

相続とは被相続人(亡くなった人)が残した遺産(財産や権利、義務等)を相続人が受け継ぐことを意味します。

相続人が複数存在する場合は共同相続人と呼ばれ、この場合には相続人個人で相続をどうするかを決めることはできず、共同相続人全員の同意が必要となります(相続の放棄等は個人単位で決定できます)。

ここで一番重要なのが、誰が相続でき、誰が相続できないのか、また、どんな遺産を受け継ぐのか、受け継げないのか、をはっきりと知ることです。

法律によって、相続できる人が決まっており、特に手続きがなくても相続は開始されます。

また、相続が開始(被相続の死亡)されて、3カ月以内に相続をどうするかを決定しなければなりません。その決定には、承認、限定承認、放棄等があります。


承認とは
被相続人のすべての遺産(負債も含みます)を受け継ぐということです。負債も受け継ぐので、もしかしたら財産より負債が上回るかもしれません。この場合は相続人が負債を返済する必要があります。


限定承認とは
残された財産から負債を引いた部分のみを相続するということで、負債が上回る場合は相続額が0となり、相続人による返済は不要となります。


放棄とは
財産も負債もすべて受け継がないということです。
たとえ財産が残ったとしても、すべて放棄して、相続がなかったものとする、ということです。
この場合は前述したように個人単位でもできます。
例えば、相続人がA、Bと二人いる場合に、Aは承認しますが、Bは放棄をするといった場合です。


このように相続には様々な法律上のきまりがありますので、その法律を知らずに損をすることのないように日頃から勉強しておくことも必要かもしれません。

相続によるトラブル

相続によるトラブルはつきもので、昔から、骨肉を争う代表的な出来事と言われてきました。最近の傾向としては相続額が5,000万円以下の少額でのトラブルが増えています。

財産が多い場合には早くから節税対策や遺産分割の予定をしており、問題になるケースが少ないのです。また財産が多いと分割しやすいという面もあるかもしれません。

問題になるのは、例えば、家屋1軒の相続といった比較的少額の場合です。
この場合は分割しようがないので、特定の人がその家屋を相続し、他の人は現金を支払ってもらうということになりますが、現金が払えない場合は家屋を売却して分割するということになるでしょう。
いずれにしてもトラブルが想像できそうです。

節税対策


このサイトでもっともお知らせしたいのが節税対策です。
相続によるトラブルを避けるためにも、財産のある人もない人も、しっかりと準備しておく必要があります。

節税方法にはいろいろな方法がありますが、ここでは代表的なパターンを紹介しておきます。

現金より不動産で相続する
例えば現金の代わりに賃貸用のマンションで相続すると、約30%の評価額ダウンになります。1億円の現金が相続されると1億円のままですが、1億円の賃貸マンションで相続すると7,000万円の評価額となります。

生前贈与による節税
年間に110万円以下の贈与であれば贈与税はかかりません。
これは受け取る側が何人いても同じですが、4人の子供があるとすれば、年に440万円づつ贈与でき、その分相続財産を減らすことができます。
ちなみに110万円以下であれば受け取る方も無税です。

この他にも、配偶者への生前贈与や信託を利用した節税等多くの方法があります。

このサイトでは相続に関する法律や節税情報をお知らせしていきます。
遺産相続について知っておくことで、少しでも相続税を抑えることが可能です。