相続ニュースとは、いざという時に困らないようにすための相続に関する知識をお届けするニュースサイトです。

都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した個人年金対策に関するお役立ちサイト「老後破産を回避するために東京の投資用マンションで個人年金づくりを 」OPEN!コラム・最新の市場を捉えたニュースも満載!

前のページへ戻る

~不動産投資のエキスパートが伝える、超長寿時代を豊かに生きるための方程式~

不動産投資・マンション経営のコンサルティング事業を展開する、アフターフォローが評判の株式会社和不動産(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仲宗根和徳)は、老後破産対策に特化した情報サイト「老後破産対策 お役立ちサイト」を2017年12月28日にオープンいたしました!

 

■203X年!年金制度が崩壊?

近年、医療の進歩は目覚ましく、近い将来にはロボット手術と放射線・抗がん剤治療が組み合わさり、負担の少ない治療法が確立され、人類はがんを克服するのではないかとも言われているほどです。
その結果、寿命100歳時代もそう遠くない未来となる可能性があります。
寿命100歳時代とは、現代人の誰もが経験したことのない、前人未到の道・未知の時代です。
では、これから30年後、40年後の年金制度はどのようになっているのでしょうか。
超長寿時代が到来するにもかかわらず、少子高齢化はますます進むばかり。
内閣府の平成29年版高齢社会白書によると、2000年には3.9人の若者で1人の高齢者を支えていたものが、2050年には若者1.3人で1人の高齢者を支えなければならなくなるという試算がされているほどです。

将来の対策は一か八かの大博打ではいけません。
働けなくなってから焦るのでは遅いのです。将来の景気は、誰にもわかりません。
将来の健康事情も、結局のところ個人個人で事情は異なってくるのです。
そのため、どのような時代になっても自分や家族が生活できる資産構成にする必要があるのです。

■どのような年金対策をすれば良いのか?

家族や自身の生活を守るために最適な個人年金とはどのようなものか。
和不動産では、「都心・築浅中古ワンルームマンション経営」による個人年金作りをお勧めさせていただいております。
現役時代からコツコツと行う事によって、将来は個人年金として毎月の定期収入を得ることができる「マンション経営」。
今、20代や30代、40代の働き盛りのサラリーマンに、資産運用として不動産投資市場に参入する人が増えています。株やFXなどの資産運用をしてみたものの、忙しい仕事の合間に値動きが気になってしまったり、自身で管理しきれなかったりと、思いあぐねて考えを巡らせた結果、不動産投資に辿り着く人も多いのです。
弊社では、セカンドライフ時の個人年金になり、相続時は相続税額を圧縮するだけでなくその後の家族の生活を守ってくれる、「都心の築浅中古ワンルームマンション経営」をおすすめしておりますが、弊社では、さらに運用コンサルティングの専門部署により強力なバックアップを得ることができるため、安心して「ほったらかしマンション経営」を実現することができるのです。

■和不動産代表・仲宗根による大ヒット書籍

和不動産代表取締役・仲宗根和徳が2017年1月27日に上梓し、amazonや有名書店の人気ランキングにて1位を獲得した書籍『老後破産を防ぐ「都心・中古ワンルームマンション経営」』。
おかげ様で大変な反響をいただいており、この度老後破産特設サイト「老後破産対策 お役立ちサイト」を開設するに至りました。
個人年金対策でお悩みの方が予想をはるかに上回るほどたくさんお越しになり、老後破産を防ぐための不動産投資セミナーは毎回大変な人気セミナーとなっております。
不動産投資セミナーには抵抗があるという方は、まずは特設サイトや書籍を情報収集としてお役立てください。
1人でも多くの方に安心で万能な中古ワンルームマンション経営を知って頂ければ幸いです。

特設サイトはこちら
https://nagomi-nenkintaisaku.com/

 

 

 

 

<運営会社>
社 名:株式会社 和不動産(なごみふどうさん)
設 立:昭和53年10月
資本金:1,500万円
代表者:仲宗根 和徳
免許番号:東京都知事(9)第45405号
URL:http://nagomi-fudousan.com/