事業承継計画策定の重要性
事業承継は企業の持続性と成長を左右する重要な課題です。事業経営者がその生涯の大半を費やした会社の未来を、次の世代にしっかりと引き継ぐことは極めて重要な責務となります。適切な事業承継計画を策定することで、経営権や資産の円滑な移転を実現し、事業の継続性と発展を実現することができます。
事業承継計画には、経営者の意向、後継者の選定、財務・税務上の対策、法的手続きなど、多岐にわたる検討事項が含まれます。この複雑な課題に対して、専門家の助言を得ながら、計画的かつ綿密に対応することが不可欠です。事業承継の失敗は、企業の存続に関わる重大な問題につながりかねません。一方で、適切な計画を策定し実行に移せば、事業の継続と更なる発展につながります。
将来のM&Aを成功に導くために魅力ある会社への準備をご支援させていただきます。まずは会社の現状を分析させていただきます。オーナー企業の多くは毎年の法人課税を節税する傾向が強く、結果として本業と事業関連性の乏しい資産・負債・収益・費用が多くなりがちです。これらにつき事前に整理を進めることでいざM&Aを実行するにあたり第三者からみて信頼性の高い魅力ある会社づくりを実現します。IPO準備会社での投資家に魅力ある財務体質作りと、経済産業省経営革新等認定支援機関として数々の経営革新の支援経験から魅力ある会社作りをご支援いたします。

by 今橋 英士

事業承継の課題と対策
事業承継には多くの課題が伴います。まずは経営者自身の後継者に対する意向が明確でないことが大きな障壁となります。事業の将来的な方向性や、自身のライフプランとの整合性を十分に検討し、納得のいく後継者を選定する必要があります。また、後継者の能力や資質が不十分であることも大きな課題です。後継者に必要な経営能力を見極め、計画的な育成に取り組まなければなりません。
さらに、事業承継に伴う税務・財務上の課題にも留意が必要です。相続税や贈与税の払い込み、事業承継にかかるコストの捻出など、財務面での検討が欠かせません。また、法的な手続きにも複雑さが伴い、適切な助言を得ながら進めることが重要です。
これらの課題に対しては、経営者自身の明確な意思、後継者の適切な選抜と育成、専門家による助言と支援が不可欠です。事業承継の成功には、計画的かつ綿密な準備が必要不可欠といえます。
事業承継の法的側面
事業承継においては、さまざまな法的な手続きと対策が必要となります。まず、経営者から後継者への経営権の移転には法的な手続きが伴います。株式の名義変更や役員交代など、適切な書類の作成と登記が求められます。また、事業用資産の移転、知的財産権の扱い、借入金の契約変更など、事業の継承に関する法的な諸手続きにも配慮が必要です。
さらに、後継者の選定に関しても法的な検討が欠かせません。例えば、相続や贈与による経営権の移転には、相続法や税法上の要件を満たす必要があります。また、事業承継に伴う従業員の労働契約の扱いや、退職金、年金などの処理も法的な検討が重要となります。
これらの法的な課題には、専門家の助言を得ながら適切に対応することが不可欠です。事業承継を成功させるためには、経営者自身が法的な知識を深め、弁護士や税理士といった専門家と連携して、綿密な準備を行う必要があります。事業承継に関する法的な側面を見逃すことなく、慎重に対処することが重要です。
事業承継の税務面の考慮点
事業承継においては、税務面の対策が極めて重要な検討事項となります。まず、経営者から後継者への株式や経営権の移転に際しては、相続税や贈与税の支払いが必要となります。この税負担を最小限に抑えるため、事前の贈与や相続税の節税策を立案する必要があります。例えば、生前贈与の活用や事業承継税制の活用など、様々な対策を検討する必要があります。
また、事業用資産の評価方法や、法人の組織再編、事業承継に伴う借入金の扱いなど、事業承継に関わる幅広い税務上の課題にも取り組まなければなりません。これらの対策を誤ると、予期せぬ多額の税金が発生する可能性があるため、専門家の助言を得ながら慎重に検討することが重要です。
さらに、後継者の個人資産の管理や、事業承継後の税務コンプライアンスの確保など、長期的な視点での税務対策も欠かせません。適切な事前対策を講じ、事業承継の税務リスクを最小化することが、事業の継続と発展につながります。
事業承継における後継者の選定
事業承継の成功の鍵を握るのが、適切な後継者の選定です。後継者は会社の未来を担う重要な存在であり、その資質と能力が事業の継続と発展を左右します。後継者の選定にあたっては、経営者自身の意向はもちろんのこと、後継者候補の人格、資質、専門性、リーダーシップ、事業への熱意など、多角的な評価が必要となります。
特に重要なのは、後継者の経営能力と事業への理解度です。事業承継後、後継者が速やかに経営者の座に就き、スムーズな経営の継続が図れるよう、計画的な能力開発と育成が欠かせません。また、後継者の人格と資質も慎重に見極める必要があります。家族や従業員から高い信頼を得て、組織をまとめ上げる力が備わっているかどうかが重要です。
後継者の選定は一度きりのチャンスであり、その決断が事業の未来を大きく左右します。経営者は自らの意向と事業の将来像を明確にし、多面的な評価に基づいて後継者を慎重に選定する必要があります。専門家の助言を仰ぎながら、後継者の適性を十分に見極め、適切な人材を見出すことが肝心です。
後継者の育成と能力開発

1

経験を積む
後継者候補には、できるだけ早期から経営現場での実践的な経験を積ませることが重要です。経営に直接関わることで、事業の課題や顧客ニーズ、従業員の動向など、実際の経営課題に取り組むことができます。様々な業務を経験することで、後継者の事業理解と経営能力を着実に向上させることができます。

2

計画的な教育プログラム
単なる現場経験だけではなく、戦略策定、財務管理、人事労務、営業戦略など、経営に必要な専門知識の習得も欠かせません。社内外の研修プログラムや、セミナー、コンサルタントによるコーチングなど、体系的な教育プログラムを設けることで、後継者の能力を計画的に高めていくことができます。

3

リーダーシップの育成
経営者には、単なる専門知識だけでなく、組織をまとめ上げるリーダーシップが求められます。後継者には、部下や従業員への指導力、交渉力、意思決定力などを養成する機会を設け、リーダーとしての資質を磨いていく必要があります。メンター制度の活用や、ローテーション異動などを通じて、リーダーシップスキルの醸成を図ります。
事業承継計画の立案プロセス
1
現状分析
事業承継計画の立案にあたっては、まずは現状の事業状況を詳細に分析する必要があります。企業の経営実績、財務状況、組織体制、従業員の状況など、事業の実態を把握します。さらに、経営者自身の意向や後継者候補の有無などを確認し、事業承継における課題を洗い出すことが重要です。この現状分析を通して、自社に最適な事業承継の方向性を明確にする基礎を築きます。
2
目標の設定
現状分析に基づき、事業承継の目標を明確に設定します。経営者の意向、後継者の能力と適性、財務上の課題、法的問題など、事業承継に関するさまざまな要件を総合的に勘案し、実現可能な目標を設定する必要があります。事業の継続性、後継者の育成、資産承継の円滑化など、具体的な目標を策定することで、計画的な対応が可能となります。
3
具体的な対策の検討
設定した目標を実現するための具体的な対策を検討します。後継者の選定と育成プログラムの策定、経営権や資産の移転に関する法的手続き、相続税対策など、事業承継に関わるあらゆる側面について、専門家とも協議しながら最適な対策を立案します。この段階では、タイムラインの設定や、関係者との合意形成など、実行可能性の高い計画づくりに注力します。
4
計画の立案と共有
具体的な対策を盛り込んだ事業承継計画を立案します。経営者、後継者、そして関係する従業員や家族など、関係者全員で計画の内容を共有し、合意形成を図ります。計画には、実行のための工程表や、モニタリング体制の構築など、確実な実行に向けた仕組みを組み込みます。関係者全員の理解と協力を得ることで、事業承継計画の円滑な遂行が期待できます。
事業承継計画の実行と管理
事業承継計画を策定したら、次は確実な実行が重要です。計画の実現には、経営者と後継者、そして従業員全員の協力と理解が欠かせません。まず、策定した計画の内容を全関係者に共有し、合意形成を図ることから始めます。後継者の経営参加や、従業員への教育研修など、具体的な行動計画を立てて実行に移しましょう。
そして、計画の進捗状況を定期的にモニタリングし、必要に応じて修正を加えていくことも重要です。事業環境の変化や、後継者の育成状況に合わせて、計画を柔軟に見直すことで、事業の継続性を確保できます。経営者と後継者、専門家が密に連携しながら、計画の実行管理を行うことが肝心です。
さらに、事業承継後の経営管理体制の確立も重要です。例えば、後継者の権限と責任の明確化、従業員の士気維持、顧客・取引先との関係継続など、事業承継後の課題に迅速に対応できるよう、管理体制を整備しておく必要があります。綿密な準備と継続的な見直しを重ね、事業承継計画を実効性の高いものにしていくことが不可欠です。
事業承継計画の見直しと改善
定期的な計画見直し
事業承継計画は一度立てれば終わりではありません。企業環境の変化や、後継者の育成状況に合わせて、定期的に計画の見直しを行うことが重要です。経営者と後継者、さらには専門家が協力して、計画の妥当性や実行状況を確認し、必要に応じて柔軟に修正を加えていくことで、より実効性の高い計画を維持することができます。計画の進捗管理とともに、変化に素早く対応できる体制を築くことが、事業承継の成功につながります。
後継者のフィードバック
後継者の意見を積極的に取り入れ、計画の改善につなげることも重要です。後継者は、実際に計画を実行する立場にいるため、計画の課題や改善点を的確に把握できます。定期的に後継者とコミュニケーションを取り、その意見を聞き入れながら、計画を進化させていくことが欠かせません。後継者の視点を取り入れることで、より実効性の高い計画策定が可能になります。
従業員の巻き込み
事業承継は、経営者や後継者だけの問題ではありません。従業員の協力と理解なくしては、計画の実現は難しいでしょう。そのため、従業員にも計画の内容や目的を十分に説明し、協力を求める必要があります。計画の見直しや改善の過程でも、従業員の意見を取り入れ、組織全体で計画を改善していくことが重要です。従業員の巻き込みによって、事業承継を円滑に進めることができます。
適時の修正と実行
事業承継計画は、企業環境の変化や後継者の育成状況に応じて、適時に修正を加えていく必要があります。計画の進捗状況を定期的にレビューし、必要に応じて迅速に修正を行うことで、より実効性の高い計画を維持できます。また、修正した計画を確実に実行に移すことも重要です。経営者、後継者、そして従業員全員が一丸となって、計画の改善と実行に取り組むことが、事業承継の成功につながります。
事業承継支援サービスの活用
事業承継は非常に複雑な課題であり、円滑な実行には様々な専門知識が必要不可欠です。経営者や後継者が単独で抱え込まずに、外部の専門家やサービスを活用することが重要になります。適切なサポートを得ることで、事業承継に伴う課題を効果的に解決し、スムーズな承継を実現することができます。
専門家による助言
税理士や弁護士、コンサルタントなどの専門家に相談し、事業承継に関する法的、税務的、財務的な課題について適切な助言を得ることができます。豊富な経験に基づく具体的な対策を立案してもらうことで、リスクを最小限に抑え、円滑な事業承継を実現できます。また、後継者の育成支援や、スムーズな経営権移譲のためのアドバイスも得られます。
公的支援サービス
中小企業庁や地方自治体が提供する事業承継支援サービスも積極的に活用しましょう。専門家による個別相談や、事業承継に関する研修、助成金の活用など、様々な支援メニューが用意されています。公的機関のサポートを得ることで、経済的な負担を軽減しつつ、確かな専門性に基づいた支援を受けられます。事業承継の各ステージに合わせて、適切な支援サービスを活用することが重要です。
コミュニティとの連携
同業他社や業界団体、ネットワーク組織など、事業承継に関心を持つ人々とのつながりを築くことも大切です。経験豊富な経営者や、同様の課題に取り組む後継者候補との情報交換や意見交換を通じて、自社の事業承継に活かせるヒントを得ることができます。また、ピアラーニングの機会を設けることで、お互いにアドバイスし合いながら、事業承継への理解を深めていくことができます。
事業承継は経営者個人では解決が難しい複雑な課題です。しかし、適切な専門家サポートや公的支援、さらにはコミュニティとの連携を活用することで、経営者や後継者は自社の事業承継をスムーズに進めていくことができます。様々なリソースを活用し、経験に基づいた具体的な対策を立てることが、事業承継の成功につながるのです。
【計画の進め方】
①事業承継を行う時期を決定
②会社の現状を分析し事業承継計画書を作成
③既存事業の再考が必要な場合は経営革新計画を策定
④後継者への教育を実施
⑤株の承継を検討
⑥株価対策を実施
⑦事業承継税制を検討
⑧必要あればM&Aも検討